スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

☆まさこと息子の紹介☆

はじめまして。
数多くのブログの中から私、まさこのブログへご訪問頂きありがとうございます!!

私は長野県に住む30代の主婦です。
2004年生まれの娘と2006年生まれの息子がいます。

2人ともすくすくと大きくなってくれました。
何の問題もなく・・・


と思っていましたが、
息子が2009年10月に広汎性発達障害と診断されました。
3歳2ヶ月のことです。


息子は1歳半の健診の時から『言葉の遅れ』について指摘されていました。
とは言え、まだ1歳半。
確かに赤ちゃん語のようなものはよく話しますが、
ちゃんとした意味のある単語はゼロでした。
それでも「男の子はお話し遅いし・・・」と家族みんな思っていました。
健診でも「2歳児健診の時にご相談されてもいいですよ」と言われて
そのまま心配する事もなく、過ごしていました。

しかし2歳児健診を迎えても、言葉は増えないまま・・・

育児相談を受けるようになりました。
その後、市の行っている教室に通ったり、育児相談を続ける中で
発達専門の小児科を受診することを勧められて、2009年10月の診断に至りました。

言葉の遅れの他にも自虐やパニックが強く、
よく泣いて転がって暴れることも毎日頻繁です。

それでも教室に通いながら、だんだん落ち着いてきたように感じています。


2010年4月からは知的障害児通園施設に毎日通っています。

診断前は上の娘と同じ幼稚園へ入園させようと思っていましたが、
やっぱり今の息子には難しいと病院の先生や教室の先生からもアドバイスを頂き、
通園施設への入園を決めました。

当初、病院への受診を勧められた時は
主人もとてもショックだったようですが、
今は、前向きに「ゆっくりマイペースなだけ」と考えてくれています。

「考えようによっては幸せかな。
1歳児のかわいい時期が長く続いているんだから・・・」

と言っています。
私もそう思います。


2009年1月(3歳5ヶ月)の時に新版K式発達検査を受け、
平均DQは57。
一番不得意な『言語・社会性』はDQ27、11ヶ月児程度でした。


言葉の面では、1歳児前後程度のカタコトが出始めました。
言葉や仕草など、家族やテレビのまねをすることが増えてきて、
いい傾向かなと思っています。


これから病院・通園施設での療育で
少しずつでも息子のペースで成長していってくれたら・・・と願っています。


そんな中で葉月さんの『発達障害の育児教育体験記』を参考にして
家庭での接し方や対処の仕方を実践していきたいなと思っています。


色んな方とお知り合いになって、交流の輪を広げたいなと思っています。
どうぞよろしくお願いします♪♪


まさこにメール下さい^^⇒こちらのメールフォームでどうぞ☆

ブログパーツ

スポンサーサイト
プロフィール | 【2010-03-29(Mon) 09:27:47】 | Trackback:(0) | Comments:(5) | [編集]

Copyright © 発達障害の子育て教育体験記*発達障害勉強ブログ♪ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*