スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

療育手帳の再判定に行ってきました

療育手帳の再判定の時期が来ました。
今日は息子と一緒に、その再判定に行ってきました。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
発達障害の情報いっぱいです♪
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

療育手帳の申請については↓に詳しく書いています。
療育手帳
参考になさってください。


療育手帳をお持ちの皆さんも多いと思います。
うちの息子は初めての再判定でした。

療育手帳は県の児童相談所が管轄です。
我が家の場合、違う市に管轄の児童相談所がありますが、
今日は我が家のある市の健康保険センターに
判定員の方が来て下さっての判定となりました。


最初は判定員の方から日頃の息子の様子についての
質疑応答がありました。

日常の生活面や園での様子、お友達との接し方や
運動面、言語面、などなど息子の様子を色々質問されました。

そのあと息子の発達検査。
病院や園での発達検査と同じような内容でした。

普段STの訓練でもしているものがいくつかあり、
思ったより頑張ってできたと思います。


そのあと「会議で決定されるので確定ではない」
との前置きの後、判定結果についての話がありました。


一瞬「もう療育手帳は必要ない」と言われるかも!?と思ったのですが、
判定員さんから出てきた言葉は、真逆でした。

「今、息子さんはB1ですが、
A判定になるかもしれません」

あらら・・・
A判定とは、これはやっぱり少々ショックでした。


息子はギリギリのところだそうですが、
やっぱり言葉の面が大きく影響しているそうです。

生活面などでは身辺自立などできることがたくさんあるので、
高い結果が出るけれど、発語が少なく、言語での意思疎通ができない
(判定員さんの質問に言葉で答えられない)というのが
大きいそうです。


福祉課の方が言っていましたが、
就学のことを考えると、療育手帳のB2判定で
特別支援学級を使いながらの小学校入学が認められるケースが多いそう。
B1やA判定だと養護学校と判断されることが多いとのことでした。


やっぱり言語(言葉での意思疎通)って大きなポイントなんですね。


A判定についてどうですか?
と聞かれましたが(ギリギリラインなので親の意向も聞いてくれたそう)
イマイチ実感もないし、どう答えていいのかわからなかったです。
でも、やっぱり今の息子を判断してもらって、
判定してもらうしかないと思っている旨をお話ししました。


結果は2週間後くらいに届くそうです。


こういう場面でも普段は感じない厳しい面を感じた
今日の再判定でした。


☆私が参考にした体験記です。
発達障害の子育てで悩むすべての方へ。
ヒントがいっぱいです♪

~発達障害の子育て教育体験記~

この体験記の私の詳しい感想はこちらです。
↓↓↓
発達障害の子育て教育体験記レビュー


☆発達障害や各症状(診断)についてまとめています。
発達障害について一覧

******************************

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
いつもありがとうございます。

******************************

ご質問などありましたら、まさこまでメール下さい。

こちらまで♪

ご質問頂いた内容で、他の方にも役立つ内容の時は
名前を伏せて一部、ブログでも紹介させて頂くことがございます。
よろしくお願い致します。
もし、不都合な場合は、メールを下さる際に『掲載不可』とご記入下さい。





ブログパーツ
福祉サービス | 【2012-02-02(Thu) 15:08:22】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Copyright © 発達障害の子育て教育体験記*発達障害勉強ブログ♪ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*